無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 湿気にあたる   


e0042414_0273426.jpgこんにちは〜。地中海性気候を体感しにいってきました。光と影がくっきり。まぶしい太陽。かっさかさで色みのない。乾燥しきった大地。バルセロナからプロバンス、コートダジュール、ジェノヴァ湾にあるリヴィエラ、北イタリアの湖水地方の村々をまわってきました。
日本に帰ってきたとたん発熱。
基本的に向こうの料理があわなく、いつ体調を崩すか旅中心配でしたが、、、
なんてこたない。
日本の気候にあたった。湿気が原因だと思う。
んー。湿気ってなんか体力・気力を奪うなー。
新型ではなかったのでひと安心。
思い出しつつ書き足していこうと思います。





旅のハイライトをハイビジョン写真で



e0042414_10175353.jpg
Barcelona!!

e0042414_10311170.jpg
Pont St-Benezet, Avignon, France
アヴィニョン演劇祭で町中がお祭り騒ぎだった。ストリートのところどころ、広場のあちらこちらで繰り広げられる芸。その人だかりと喧噪を抜けると、ローヌ川にかかるサン・ベネゼ橋。
川に堤防がない。土手さえも。大丈夫なのだろうか。
冬には暴風雨があるらしいけど、氾濫したらどーすんだ?
城壁があるからいいのか?どーなってんだ?

e0042414_10331281.jpg
Fort St-Andre, France
アヴィニョン近く。強風が吹いていた。休む暇なくずっと同じ強さで吹かれると嫌になってくる。冬に吹く「ミストラル」という北西風は有名で、プロヴァンス地方の家の開口は南東向きが多いのだとか。この日の風はミストラルほどではないらしい。
丘の上の廃墟になった要塞。

e0042414_10322954.jpg
Val d' Enfer, Les Baux-de-Provence, France
レ・ボー・ド・プロバンス。地獄谷の岩肌。乾燥した気候、ミストラルで石灰岩が風化し、所々に穴が空き、そこから木や草は生える。
強風が吹く土地に生える木ってグニャグニャになりそうだけど。ここの木はけっこうシンメトリー。なぜ?

e0042414_12121311.jpg
Sentier des Ocres, Roussillon, France
ルシオンという村。黄色顔料の原料となるオークルの採取場跡。地中海性気候下ではこのような石灰岩が風化(石灰に含まれる炭酸カルシウムが溶け出し、後に残った鉄分などが酸化したために赤紫色をしている。)してできた土が多く分布しているという。今でも建物の壁はこのような土を上塗りして色づけし、焼き物やタイルの色粉にしている。

e0042414_10344532.jpg
Aix-en-Provence, France
プロヴァンス地方の建物のヌメットした感じ。強い日差しだからこんな生暖かい色使いなのかな。白だったら反射がきつくて目が痛くなりそうだから。

e0042414_10351429.jpg
distant view, Gordes, France
ゴルドの遠景。階段状に建物が折り重なり、丘の頂きには城や教会がある。地中海沿岸や少し内陸でも、地形を活かしてインフラやアメニティが整備されている。

e0042414_1035037.jpg
Fontaine-de-Vaucluse, France

e0042414_10352737.jpg
Abbaye de Senanque, France

e0042414_10354710.jpg
Marseille


e0042414_1036323.jpg
Cote Blue

e0042414_10364538.jpg
Cote Blue

e0042414_10365689.jpg
Marseille Cathedral

e0042414_10371075.jpg
The Unité d'Habitation

e0042414_10371872.jpg
Vence

e0042414_10374250.jpg
Tend

e0042414_10375483.jpg


e0042414_10372714.jpg
Nice

e0042414_11304615.jpg
Cannes

e0042414_1041859.jpg
Nice

e0042414_10412143.jpg
Monaco

e0042414_10413136.jpg
Cap Martin

e0042414_10414399.jpg
コルビュジェの墓

e0042414_10415962.jpg
Manarola

e0042414_1042968.jpg
Vernazza

e0042414_10421942.jpg
Palazzo dell' Universita

e0042414_10424085.jpg
Bergamo



e0042414_1131081.jpg
Sirmione, Lago di Garda

e0042414_11311695.jpg
Palazzo e Giardino Borromeo, Lago Maggiore



e0042414_1131404.jpg
Duomo,Milano

e0042414_1132520.jpg
Mies van der Rohe Pavilion
[PR]

# by toyosakihiroki | 2009-08-19 01:03 | あとがき

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ジャングル・ジム   



e0042414_1504282.jpg



先週、カラッと晴れた日に公園の木を一斉に切っていた。
そういえば、街路樹とか。学校の木も手入れされていた。
梅雨に入る前に枝を切り、すっきりさせておく。
なにか理由があるのか。ないのか。わからないけれども。

切り落とされた枝でジャングルのように入りこめない茂みになった公園には、
ぽつんとたたずむジャングルジムがあった。
[PR]

# by toyosakihiroki | 2009-07-01 01:57 | 写真

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 コルビュジェの休暇小屋とお墓   


コルビュジェの休暇小屋とお墓




カップマルタンの休暇小屋編




ロクブルニュの町とコルビュジェのお墓編

[PR]

# by toyosakihiroki | 2009-04-09 20:36 | 建築

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 透明な籠からの風景   


シースルーエレベーターから景色を眺める




第1回 世界のエレベータから
〜ベルリン中央駅最下階から最上階をゆく〜




第2回 世界のエレベータから
〜ローマ ビットリアーノの後付けエレベーター〜

[PR]

# by toyosakihiroki | 2009-04-08 03:50

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 透明な籠からの風景2   

透明なカゴからの風景を楽しむ会

今回はロォーマのビットリア〜〜ノォにある「後付けEV」

人間誰しも高いところ好き。上から眺めたい欲望は抑えられません。

ビットリアーノはローマの街が一望できるとても高い建物です。
といっても、周りが低すぎなので高くみえるだけかもしれません。

そんなロケーションを活かし、屋上へ上るための特別なエレベータを後付けしました。


世界のエレベータから

〜ローマ ビットリアーノの後付けエレベーター〜
突然視界が開ける大スペクタクルの巻

中央の白い建物
e0042414_2293796.jpg


ハイ、正面から
Vittoriano

Vittoriano

建物裏側から

e0042414_2361238.jpg

エレベータがチラッとみえます。
カラカラの大地、カチカチの建物、
ツルっとしたみずみずしいガラスの質感がたまりません。。
e0042414_2363595.jpg

まぁ〜、建物の中味はさておき、裏側のエレベータへさっそく行くと、、、、
wow !こんな隙間に
e0042414_315738.jpg
253 - Il Vittoriano by Mrs. Knook

一番の盛り上がりは視界が開けたときの開放感でしょうか。
今回も、あまり期待せずに、、見守って下さい。



ま、こんな感じです。


期待感 ☆☆☆☆
みため ☆☆☆☆
ながめ ☆☆
はやさ ☆☆☆☆
居住性 ☆☆
総合  ☆☆☆

見た目はシュッとしてていいけれども、カゴの中に入ると鉄骨が以外と太くて気になりました。
それが邪魔で視界が悪く思えてしまいました。それから、ガラスが以外ときたなかった。
シースルーのエレベーターにとってこれは命取りでしょー。

実はこのEVに乗るためには7ユーロくらいお金がかかりました。
イタリア旅行では、高い所へ行こうと思うとほとんど階段で上り下りするしかありません。
そんな疲れきった身体には非常にありがたいサービスですね。でも、高杉。

え〜2回目で
もうネタ切れです。あは
また どこかで。透明なカゴに乗ったら報告します。
[PR]

# by toyosakihiroki | 2009-04-08 03:26 | 風景

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 合同写真展 「inbisible」   


先週は大学の友達YくんKくんといっしょにアートビレッジセンターで写真展をやってました!
お越しいただいた方!本当にありがとうございました!


いままで、建築をみるという口実で、いろいろな街を徘徊してきたわけですが、
建築をみて「すげー」と思ったり疑問を抱いたり、新たな関心ごとが増えたり、
目的意識をもった刺激的な見学をしている一方で、何かあるんじゃないか?って予感のする方へ身体が動いていってしまう。
気まぐれに歩いているようで、自分の中では何か見たことのない風景の予感を感じながら歩いていて、そして出会ったマグレ風景を集めてみました。

だいたい、組み合わせのミスマッチがお好みです。
意外な状況に出会うまでの背景や過程の話があって、
「落ち」として写真におさめてます。

「落ち」だけみても面白さが伝わりようがないので
少しコメントをつけてみました。



こちら
にもサンプルまとめました。


e0042414_1423330.jpg

「おでこに白いペンキがついたおじさん」
Chinatownpoint, Singapore
Taken on August 12, 2005
突然座ったおじさん。こっちを向く。



e0042414_1442644.jpg

「こぼれ落ちそうなベランダ」
Kuala Lumpur, Malaysia
Taken on August 10, 2005
クアラルンプールでみつけた後付けベランダの集合住宅




e0042414_1472923.jpg

「アウトバーン沿いのバーン(納屋)」
Germany
Taken on August 5, 2008



e0042414_1512577.jpg

「トーキョーピクニックスタイル ービアガーデン」
Tokyo, Japan
Taken on May 25, 2007
六本木ヒルズのビアガーデン



e0042414_1492487.jpg

「トーキョーピクニックスタイル ーガーデン」
Tokyo, Japan
Taken on May 25, 2007
六本木ヒルズのビアガーデンに入りきれない人たち




e0042414_1532362.jpg

「シーン」
Tokyo, Japan
Taken on May 1, 2000
浅草で



e0042414_1543568.jpg

「下着売り場」
Hong Kong
Taken on June 7, 2007
香港の下着売り場




e0042414_1573844.jpg

「伝言」
Beijing, China
Taken on December 10, 2007
昔ながらの四合院の街並はことごとくつぶされてゆく



e0042414_1582225.jpg

「廃墟で市場」
Beijing, China
Taken on December 11, 2007
野菜の色がやけに奇麗




e0042414_203171.jpg

「労働者村」
Beijing, China
Taken on December 12, 2007
オリンピックの選手村の場所は労働者村だった




e0042414_222776.jpg

「行き止まりの梯子」
Shanghai, China
Taken on December 14, 2007
上海の下町 行き止まりに梯子があった



e0042414_233942.jpg

「対岸の山火事」
Putra Jaya, Malaysia
Taken on August 10, 2005
スマトラ島の山火事のおかげで咳き込むほどの煙で覆われたマレーシアの新しい首都の風景


e0042414_243136.jpg

「ベニスの路地裏」
Venice, Italy
Taken on August 7, 2008



e0042414_251882.jpg

「人密度すごいベンチ」
Florence, Italy
Taken on August 8, 2008



e0042414_25572.jpg

「教会のふところ」
Rome, Italy
Taken on August 11, 2008
女の人が電話しながら日影と日なたの境目をいったりきたりしていた



e0042414_263024.jpg

「観光客に笑顔をふりまく少女の休憩姿」
Rome, Italy
Taken on August 11, 2008



e0042414_27667.jpg

「サン・ピエトロ大聖堂の空に十字の飛行機雲」
Vatican, Italy
Taken on August 12, 2008
聖地ヴァチカンの大聖堂の空を見上げると飛行機雲が十字に重なっていた



e0042414_282892.jpg

「てきとーに生える王宮の煙突」
Florence, Italy
Taken on August 9, 2008
王様の家には各部屋に暖炉があって、、、それが無秩序に屋根に出てくる感じ


e0042414_293241.jpg

「バスを待つ」
Rome, Italy
Taken on August 11, 2008
待ち構えるおばちゃんの迫力

[PR]

# by toyosakihiroki | 2009-01-14 02:13 | あとがき

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 聴竹居   

聴竹居

学会のサステナブル建築モデルデザイン小委員会で「聴竹居」の見学にいきました。

[PR]

# by toyosakihiroki | 2008-12-08 02:36 | あとがき

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 A study on the passive design technique in Southeast Asia   


修士研究まとめです


□□2005年度□□


10月-paper
はじまり

□□2006年度□□


2月-powerpointdata
卒業制作展 選抜発表会用


3月-poster1/2
東京建築コレクション


□□2007年度□□


8月-paper
建築学会九州大会



11月-poster
PLEA2007Singapore

□□2008年度□□


7月-paper

[PR]

# by toyosakihiroki | 2008-09-01 13:25 | 建築

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 透明な籠からの風景1   

黙ってましたが、自称 エレベーターからの風景研究家です
エレベーターが大好きです。
特にシースルーのエレベータに乗って上下するのがとても好き。
津々浦々のEVにのって景色を堪能したいものです。

ヨーロッパ旅行ではいろんな種類のエレベータに搭乗する機会がありました。
冷蔵庫みたいなエレベーター
階によって開く方向が違うエレベーター
外付けエレベッタや後づけエレベーターなるものも発見してしまった。

その中で とても お気に入りなのは ベルリン中央駅のEV(もちろんシースルー)
今回はこのEVに搭乗したときの貴重な映像をお届けしましょう。

世界のエレベータから

〜ベルリン中央駅最下階から最上階をゆく〜
e0042414_5371963.jpg


建物は吹抜け大空間に動線や線路が立体的に重なっているいる
e0042414_5374972.jpg

e0042414_5383270.jpg

その中を、、、、EVの筒が、、、
e0042414_539056.jpg


むずむずしますねー
このシークエンシャルでフューチャリスティックな空間を上下移動する、、、
一体どんな風景に出会えるのでしょう?

それではあまり期待しないでご覧下さい




ま、こんな感じ。

次回は
イタリアはローマ・ヴィットリアーノにある「途中から後付けエレベーター」からの映像をおとどけします


EV風景研究会では全国の、
いや世界のエレベータを調査分析後、映像化していきたいと考えています

素敵なエレベーター情報受付中です
不思議なEV 景色がいいEV こわいEV エロいEV どしどし送って下さい


半分ホントで半分ウソです
[PR]

# by toyosakihiroki | 2008-09-01 05:59 | 風景

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 皮むけた   

e0042414_641911.jpgあ〜ぁ
帰ってきちゃった

ヴェニス近くのリゾート島 Lidoのビーチは映画「ヴェニスに死す」にも登場したビーチ。世界中からヴァカンスしにくる客でいっぱいだとか。
行ってみたら須○か?
と思うくらい水が、、、
なので日光浴してたら
ガングロ、、、

ドイツ・イタリアの周遊から皮2枚くらいむけて帰ってきました。
またいろいろ報告します。
[PR]

# by toyosakihiroki | 2008-08-15 06:02 | あとがき